<< 白川郷 猪鍋 >>

初釜

私の茶道の先生
昌先生は、お茶事教室を始められ今年でちょうど十年目を迎えられたそうです。
一区切りとして、瑞苑の茶室で初釜を開催されました
茶室がある北瑞苑は、梅田のビルの中とは思えないほど落ち着いた純和風のたたずまいの中にあり
日本料理店で、露地を通ると茶室がありました
今日は、昌先生の友人や弟子八名が集まって和気合い合いとした雰囲気の中で初釜の茶会が始まりました
先ず、主菓子が出されました
銘は『丹頂』
b0079526_23191386.jpg

昌先生が点てた濃茶は、お湯を注ぐと抹茶の香りが立ち
色も鮮やかで、煉り加減もちょうど良く美味しい濃茶でした。
      
b0079526_2325922.jpg

お茶銘は 『初釜』
お詰めは 『柳桜園』
b0079526_23102763.jpg
b0079526_2364713.jpg

茶会の後、瑞苑の美味しい食事を頂きました
食前酒の梅酒と共に、ゆずり葉が添えられた先付け
小鉢には、数の子、さごし博多短冊 人参 大根 千社唐 結び昆布
この後も、新春ならではの繊細な料理が続き
 心豊かなくつろぎの時間を持てました 
b0079526_23153385.jpg

[PR]
by emirinsan | 2009-01-23 22:09 | 茶道
<< 白川郷 猪鍋 >>